スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は24日、公益法人を主な対象とした「事業仕分け第2弾」後半の3日目の作業を始めた。22法人の24事業が対象で、午前中はJKA(経済産業省所管)による競輪関係の補助事業など2事業が、実施にあたっての審査体制が不十分だとして「廃止」と判定された。また、関東建設弘済会など九つの建設弘済会・関連法人(国土交通省)が実施する道路や河川の発注者支援業務など4事業では、他の機関での実施や予算縮減とともに、内部留保の国への移管も求めた。

 JKAは都道府県や市町村などの競輪事業者から車券売上金の一部を交付され、機械工業や公益事業の振興を目的とした補助事業を展開しているが、対象の多くが経産省所管の公益法人となっており「審査がずぶずぶだ」と指摘された。

 午後の作業では日本消防検定協会(総務省)や理容師美容師試験研修センター(厚生労働省)、全国生活衛生営業指導センター(同)などを取り上げ、これら法人が実施する講習・検定事業の必要性などを中心に議論を進める。【影山哲也】

【関連ニュース】
事業仕分け:無駄改善できるまで宝くじ「発売禁止を」
事業仕分け:労働者健康支援事業など「廃止」 後半2日目
事業仕分け:空港需要予測「徹底的に検証を」 第2弾
事業仕分け:第2弾 運転免許教本「競争を」…8事業廃止
事業仕分け:塩センター資産返納を 第2弾後半の作業開始

普天間移設 米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)
汚職で損害、前生駒市長らに4千万円支払い命令(読売新聞)
<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
<カンヌ映画祭>最高賞にタイ映画の「アンクル・ブンミ」(毎日新聞)
水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
スポンサーサイト

「ノーズギアが出ない」JAC機が緊急着陸(読売新聞)

 12日午後3時40分頃、鹿児島発の日本エアコミューター(JAC)3771便(サーブ340B型機、乗員3人、乗客37人)が鹿児島県西之表市の種子島空港に着陸しようとした際、前輪が出たことを示す操縦席のランプが点灯しなかった。

 同機は、同県霧島市の鹿児島空港へ引き返し、低空を旋回して地上から目視で前輪が出ていることを確認し、同4時36分、緊急着陸した。けが人はなかった。

 国土交通省鹿児島空港事務所の発表によると、このトラブルで着陸後の約10分間、滑走路を閉鎖し、同社の3便が欠航した。同社で原因を調べている。

 乗客らによると、種子島空港上空で、突然、機長から「ノーズギア(前輪)が出ない」とアナウンスがあり、客室乗務員から鹿児島空港に引き返すという説明があった。

 旋回中に気分が悪くなったと訴える乗客もいたが、大きな混乱はなかったという。

<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)
<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)
民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟-東京地裁(時事通信)
<千葉不正経理>6年で4.5億円 不適正3700万円(毎日新聞)
<野良猫餌付け>将棋の加藤九段に中止などを命じる判決(毎日新聞)

飲酒で、リンパ系腫瘍リスク低下の可能性を示唆(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の研究班は5月10日、飲酒によってリンパ系腫瘍のリスクが低くなる可能性が示されたとする研究結果を発表した。

 今回の研究は1990年と93年に岩手県二戸、秋田県横手、茨城県水戸、新潟県柏崎、長野県佐久、大阪府吹田、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県中部・宮古の10保健所管内に住んでいた40-69歳の男女約9万6000人を、2006年まで追跡調査した結果を基に、飲酒と悪性リンパ腫(ML)・形質細胞性骨髄腫(PCM)の発生率との関係を調べたもの。平均約13.6年の追跡期間中に、MLが257人、PCMが89人確認された。

 研究班は、調査開始時のアンケートを基に、お酒を「飲まない(月に1回未満)」、「時々飲む(月に1-3回)」、「毎週飲む(週あたりのエタノール換算量1-149g)」「毎週飲む(同150-299g)」、「毎週飲む(同300g以上)」に分け、その後のMLとPCMの発生率を比較した。
 エタノール換算300gとは、日本酒にすると約14合、ビールで大瓶14本、ワインでグラス28杯。

 MLとPCMを合わせたリンパ系腫瘍発生のリスクは「時々飲む」と比べ、「毎週飲む」のアルコール摂取量が多いグループで低くなった。
 MLとPCMに分けた場合は、統計学的に有意ではないものの、どちらもリスクは、「時々飲む」と比べ、アルコール摂取量が多いグループで低下する傾向が見られた。

 研究班では、飲酒によるリンパ腫抑制作用のメカニズムとしては、「適度なアルコール摂取により免疫反応やインスリン感受性が改善されることなどが知られている」と説明。その上で、今回の研究では、「かなり摂取量が多いグループでリスクの低下が見られたので、それらとは別のメカニズムが働いているとも考えられる」としている。
 また今回の研究結果は、「飲酒のリンパ系腫瘍予防効果を示唆するものですが、大量飲酒は他のがんのリスクを高めることが明らか」と指摘。生活習慣病を総合的に予防しようと考えた場合、お酒は日本酒換算で一日一合程度までに控えた方がよいと言えるとした。

 詳しくは、厚労省研究班による多目的コホート研究のホームページで。



【関連記事】
医療保険制度の根本見直しに向けた意見書提出へ-がん医療費を考えるフォーラム
リンパ腫治療薬SGN-35の海外フェーズ3試験を開始―武田薬品など
がん化学療法に伴う高尿酸血症治療薬の承認を了承―医薬品第二部会
「患者会」との公開シンポを初開催-血液学会
男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向

洋ラン 北海道に咲き誇る300株超 千歳・熱帯植物園(毎日新聞)
将棋 3度目の横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)
GM、北米マーケティング担当に北米日産の副社長が就任(レスポンス)
介護マンション詐欺容疑、会社社長ら聴取(読売新聞)
介護保険の「制度外サービス」、65%が制度の補完に利用(医療介護CBニュース)
プロフィール

ミスターひでゆきしらさか

Author:ミスターひでゆきしらさか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。